ATERIER
VARIANTVOX
MASAKUBI NAKAMURA

STAINEDGLASS ARTIST AND PAINTER

OFFICIAL WEBSITE

HOME

WORKS

SCHEDULE

PROFILE

MOVIE

CONTACT

PROFILE


ナカムラマサ首 / ステンドグラス作家、画家

1976年 兵庫県出身、東京都在住
1998年 神戸芸術工科大学 芸術工学部 視覚情報デザイン学科中退
2003年 多摩美術大学 造形表現学部 映像演劇学科 卒業


高校卒業付近から神戸芸術工科大学在籍時の18〜20歳位までは色鉛筆とアクリルを使った作品を制作、地元を拠点に活動。その後、同大学を中退、翌年多摩美術大学に入学してフィルムを中心とした映像制作を学び自主映画等を撮って過ごす。卒業後しばらくしてからサイコビリーバンドを始め、バンド活動を中心とした生活を数年間送る。バンドを辞めた後、都内にあるステンドグラス・デザインガラス制作会社に入社し、ステンドグラスをはじめとするデザインガラス制作に従事。個の表現活動をしようと2015年に退職し、ステンドグラス作品とドローイング作品の制作を始める。同時に個人的な作品制作と平行して自身のステンドグラスとドローイング技法を生かした注文制作等を行う。


現在、ステンドグラス作品を制作する時というのは、基本的に自身の内側にある意識に劇的な意味合いを込めて希望的脚色を伴いながら外側に吐き出すべく光に身を委ねる形で、ステンドグラスという分野のオーソドックスを打ち破りながらでも具体的に記号化させるという意図を持って制作を行っている。
一方で鉛筆を主体としたドローイングの場合、視線を自分の内側に潜り込ませ、そこに漂う景色をあくまでも記号的な意味合いを持った風景画として紙の上にただ転写していくという作業に特化した内容となっている。あらかじめ構図や内容を比較的厳密に決めて取り組むステンドグラスに対して、そういった部分については作者自身どうなってどう終わっていくか分からないドローイングという相反する表現のプロセスが現在の自分の内側と外側の精神的なバランスを保っていく為の手立てとなっている。

そのようにして制作した作品達は、発表する場やその期間も含めた空間・時間全体としての集合作品(その場所やそこに関係する人間という時間・空間に含まれていく)という意味合いで、そして自分の中にある異形に対する執着というものを「かたちにしていく」という意識を持ったアプローチでの表現をどういう風にやっていけるのか?というようなことを考えながら制作している。


受賞歴

2000年 「京都国際学生映画祭」 推奨作品 【ちょんのまのオーガズム戯】(村一寸という2人組の監督名義で出品)
2013年 「第10回 公募ステンドグラス美術展」入選 【ABARETAI-NO-YOKKYUU】
2016年 「萱アートコンペティション2016」梅田版画工房賞 【DECOMPOSITION PEEK】
2017年 「萱アートコンペティション2017」寿高原食品賞 【DELUSION】



MASAKUBI NAKAMURA / STAINEDGLASS ARTIST AND PAINTER

1976 born in Hyogo, Japan. Living in Tokyo
1998 Kobe Design University Art Department of the video theater department dropout
2003 Tama Art University Department of the video theater department graduation

It is from the vicinity of the high school graduation until the 18-20-year-old position at the time of enrollment Kobe creating works using colored pencil and acrylic, based in local. Then, he dropped out of Kobe, spend to take a voluntary movie or the like to learn video production with a focus on film and the following year enrolled in the Tama Art University. After a while, including the psychobilly band from after graduation, it sends several years living with a focus on band activities. After quit the band, he joined in the stained glass design glass production company in Tokyo, engaged in the design glass production, including the stained glass. Trying to individual representation activities of retired in 2015, start the production of stained glass work and drawing work. Place an order production such as by taking advantage of its stained glass and drawing techniques in parallel personal work production and at the same time.

Currently, that when you produce a stained glass work, in the form of surrender to the light in order to spit on the outside while accompanied by a hopeful dramatized with great dramatic implications for basic consciousness on the inside of its own, stained glass is doing a production with the intent that it be specifically symbolized even while breaks the orthodox of the field of.
In the case of drawing the other hand, it was mainly a pencil, specializing in the work of the line of sight to submerge in his inside, continue to just transferred onto the paper the scenery drifting there as landscape painting, which last had a symbolic meaning It has become the content. For the stained glass work to decide in advance the composition and contents of relatively strict, of contradictory term drawing you do not know how we finished is what the author himself for those sections process is currently in their inner and outer It has become a Tedate for going to maintain the mental balance.

The work produced in this manner is meaningful as a group work as a space / time including the place of presentation and its period (it is included in the place and the person / person related to it) And what kind of way can you express expressions with a conscious approach that "obligate" what is obsessed with irregularities in yourself? It is producing while thinking such things.

Awards

2000 "Kyoto International Student Film Festival" recommended work 【CHON-NO-MA-NO-ORGAZM-GI】 (exhibition in the duo of director name of the "ISSUN MURA")
2013 "10th public offering stained glass art exhibition" prize 【ABARETAI-NO-YOKKYUU】
"Kaya Art Competition 2016" Umeda printmaking workshop Award 【DECOMPOSITION PEEK】
"Kaya Art Competition 2017" Kotobuki kogen shokuhin Award 【DELUSION】