ATERIER
VARIANTVOX
MASAKUBI NAKAMURA

STAINEDGLASS ARTIST AND PAINTER

OFFICIAL WEBSITE

HOME

WORKS

SCHEDULE

PROFILE

MOVIE

CONTACT

PROFILE


ナカムラマサ首 / ステンドグラス、ドローイング、版画、詩

1976年 兵庫県出身、東京都在住
1998年 神戸芸術工科大学 芸術工学部 視覚情報デザイン学科中退
2003年 多摩美術大学 造形表現学部 映像演劇学科 卒業


多摩美術大学在籍時にはフィルムを中心とした映像制作を学び自主映画等を撮って過ごす。卒業後しばらくしてからはバンド活動を中心とした生活を数年間送る。バンドを辞めた後、都内にあるステンドグラス・デザインガラスメーカーに入社し、ステンドグラスをはじめとするデザインガラス制作に従事。個の表現活動をしようと2015年に退職した後、ステンドグラス作品やドローイング作品の制作を始める。近頃は版画作品や詩なども発表し始めている。
「作家にとっても作品にとっても、表現する上で重要なのは発表する場所のランクが上がっていくことではなく、その場所だからできる表現に挑むことである」という趣旨の元、バー、喫茶店、ギャラリー、美術館、寺、舞台等、空間表現のおもしろさに重きを置きつつも、難解なインスタレーションのそれとは違うスタンスで活動する。
個人的な作品制作の他、自身の技法を生かした作品制作、空間演出等の依頼なども手掛ける。


受賞歴

2000年 「京都国際学生映画祭」 推奨作品 【ちょんのまのオーガズム戯】(村一寸という2人組の監督名義で出品)
2013年 「第10回 公募ステンドグラス美術展」入選 【ABARETAI-NO-YOKKYUU】
2016年 「萱アートコンペティション2016」梅田版画工房賞 【DECOMPOSITION PEEK】
2017年 「萱アートコンペティション2017」寿高原食品賞 【DELUSION】



MASAKUBI NAKAMURA / Stained glass, Drawing, Printmaking, Poetry

1976 born in Hyogo, Japan. Living in Tokyo
1998 Kobe Design University Art Department of the video theater department dropout
2003 Tama Art University Department of the video theater department graduation

When I was enrolled at Tama Art University I studied movie production centered on film and spend voluntary filming etc. After a while after graduation he lives a life mainly on music activities for several years. After quitting music, I joined the stained glass · design glass maker in Tokyo and engaged in the design glass production including stained glass. After retiring in 2015 in an effort to do individual expression activities, I will start making stained glass works and drawings. Recently I have started publishing print works and poetry as well. "For the author and the work, it is important not to raise the rank of the place to announce, but to challenge the expressions that it is because it is the place to be presented" for the purpose of expressing, the bar, the coffee shop, the gallery, the museum , A temple, a theater scene, etc., while acting on a different stance from that of an esoteric installation, while placing an emphasis on the fun of spatial expression. In addition to personal work production, I also work on making works making use of my own techniques, requests for space production and so on.


Awards
2000 "Kyoto International Student Film Festival" recommended work 【CHON-NO-MA-NO-ORGAZM-GI】 (exhibition in the duo of director name of the "ISSUN MURA")
2013 "10th public offering stained glass art exhibition" prize 【ABARETAI-NO-YOKKYUU】
2016 "Kaya Art Competition 2016" Umeda printmaking workshop Award 【DECOMPOSITION PEEK】
2017 "Kaya Art Competition 2017" Kotobuki kogen shokuhin Award 【DELUSION】